MB:オリジナルマーキング/プリントで名入れ作成:オリジナルグッズエムビー

シルクスクリーンプリント

オリジナル・シルクスクリーンプリント

シルクスクリーン・プリント

枚数は10枚から
Tシャツ、トレーナー、ジャンパー類・その他の素材もOK!

位置・色数ごとに製版し、インクをスキージで刷り落とす、スクリーンプリント。
同じ物を量産するのに向いていて、数が多いときに価格が落ちるのがいいところ。

広告や撮影などで、10枚必要ないときもお問い合わせ願います。

版の取り扱いについて

版の保管期間はTシャツなどで1年間、バッグ類は半年間です。

*版の返却は出来ません。
*また版の持込もご遠慮いただいております旨、予めご了承願います。

またTシャツなど綿用の版と、ナイロン・ポリエステル用の版は
全く同じデザインであっても共通で使えませんので、それぞれで版代がかかります。

W_Attention.gif油性インクのプリント面に直接アイロンなどで熱を加えると、インクが溶けます。アイロンがけをする場合、当て布をする等して直接アイロンがあたらないようにして下さい。

プリント

シルクスクリーンプリント見本
 一番ポピュラーなシルクスクリーンプリントです。
 各デザイン・各色ごとに版を作りますので、プリント位置・色数は少ない方が安く上がります。
キャラクター・ロゴなどでDICやPantoneの特色指定がある場合には、この方法が最適です。

網点プリント

網点プリント見本
 版に網をかけて細かい点で表現する方法です。
 地色はシロなどの薄い色プリント色はクロなどの濃い色ですと、イメージに近く仕上がります。
 この方法でクロ地など濃い色にシロでプリントの場合、仕上がりの色合いは反転になります。デザイン作成の際にご注意ください。

カラー分解プリント

カラー分解プリント見本
 フルカラーの物をCMYKの4色に色分解し、掛け合わせで色を再現させる方法です。
 クロ地などの濃い地色にはカラー分解をプリントする前にシロ版でベタをのせていきます。
 ロゴなどで特色指定の場合、別途でその色の版を作れば指定色の再現も可能です。
 4色の版代だけでもで最低80,000円はかかりますので、枚数は100枚以上が目安になってきます。
 またカラー分解でも苦手なデザインもあるので、まずはご相談ください。

*ナイロン系はインクが違うため、フルカラーの場合は転写加工をお勧めしています。

分版プリント

分版プリント見本
 カラー分解の4色と方法は似ていますが、地色を生かしつつ最低限の色の掛け合わせで再現する方法です。

*デザインと地色に左右されますので、ご相談ください。

抜染プリント

bassen.JPG
 インクを乗せずにプリント面がさらっとした仕上がりになります。これが一番の特徴です。
 地色を抜いてしまうので、緻密なデザインは再現しきれないこともあります。

  •  また布地の個体差に左右されて、色の抜け方が違ってくることもあります。

 版下に忠実な仕上がりが優先事項の場合、向いていない場合もあります。

*用途に合わせていきますので、ご相談ください。

発泡プリント

発泡プリント見本
 プリントのインクが盛り上がり、立体的に仕上がるのが特徴です。
 このインクは白ベース、そのために濃い黒や紺など濃い色は、グレーになってしまいます。
 プリント自体が盛り上がるので、細かいデザインはつぶれやすいです。

*プリント部分が割れやすいので、用途によっては注意が必要です。

高精細なデザインは、ハイメッシュの版で対応するなど、
デザインと優先させる再現性に合わせ、同じプリントでも多岐にわたります。
過去のサンプルを見ながらの打合せになります。

緻密な打ち合わせが必要になりますので、まずはお問い合わせ願います。